Visual Studio2017で試してみる

Pocket

Visual Studio 2017では、.NET Core 2.1のプログラム作成が可能ですので、この環境で手っ取り早く、スミレの実行環境を作れます。

スミレは、NuGetにライブラリとして公開しています。

Visual Studio 2017で試してみるには、次の操作をします。

  1. ソリューションの作成
  2. NuGetで「Sumire」パッケージの取得
  3. 呼び出し用C#コードの貼り付け
  4. スミレのプログラムの作成

ソリューションの作成

まずVisual Studio 2017を起動して、新しいソリューションで「C#」の「.NET Core」から「コンソールアプリ(.NET Core)」を選びます。ここで名前を「SumireApp1」としたとします。

NuGetで「Sumire」パッケージの取得

プロジェクト「SumireApp1」を選び「NuGet パッケージの管理」をクリックします。「参照」タブで「Sumire」と検索して、スミレのパッケージをダウンロードします。

https://www.nuget.org/packages/Sumire/

呼び出し用C#コードの貼り付け

Program.csに次のようなプログラムを貼り付けます。ファイル名には、この後に作成するスミレプログラム(テスト.smr)のパスを指定します。

using System;

class Program
{
    static void Main(string[] args)
    {
        Sumire.Program.Main(new string[] { @"C:\Users\スミレ\source\repos\SumireApp1\SumireApp1\テスト.smr" });
        Console.ReadLine();
    }
}

スミレのプログラムの作成

テスト.smrというファイルを作成します。ソリューションエクスプローラで「新しい項目の追加」から「テキストファイル」を選び、名前を「テスト.smr」などとします。

「スミレさん、こんにちは」を表示する

実行してみる

実行ボタンをクリックすると、C#のプログラムを経由して、スミレのプログラムが実行されます。

What do you think of this post?
  • いいね (0)
  • 続きを読みたい (0)